グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

新着情報 2020年

国連グローバル・コンパクト新事務局長の任命

更新日:

国連事務総長アントニオ・グテーレスは5月22日、国連グローバル・コンパクトの新しい事務局長にサファリコム(Safaricom Plc)のサンダ・オジャンボ氏(Sanda Ojiambo)を任命しました。現在事務局長を務めるリセ・キンゴ氏(Lise Kingo)が任期満了となる6月17日付で退任するのに伴う人事で、二人目の女性事務局長となります。

オジャンボ氏は2008年からケニア通信会社サファリコムおよびM-Pesa財団(M-Pesa Foundations)のシニア・マネージャーに就任し、国連と企業の数々のイニシアティブを主導してきました。2010年からはサファリコムのサステナブルビジネスおよびソーシャルインパクト部長を務め、幅広い企業・市民団体と緊密なパートナーシップを築いてきました。これからは国連グローバル・コンパクトの事務局長として、長年に渡って培われてきた経験を元に、企業と共に持続可能な開発目標(SDGs)を推進していくことが期待されます。

United Nations Secretary-General António Guterres announced the appointment of Sanda Ojiambo of Kenya as Executive Director of the United Nations Global Compact on 22 May 2020. As the second woman to be appointed in the role, she will succeed Lise Kingo of Denmark to whom the Secretary‑General is deeply grateful for her dedication and strategic leadership in steering the work of the Global Compact.

Ms. Ojiambo has served as Head of Sustainable Business and Social Impact, Safaricom Plc, Kenya since 2010. She was also the Senior Manager of Safaricom and MPESA Foundations, Kenya from 2008 to 2010, during which she led the implementation of several public-private partnership initiatives between Safaricom and UN organizations. Throughout her career, she has cultivated and managed relationships with key business entities and civil society organizations. Ms. Ojiambo, who assumes the role on 17 June 2020, will bring 20 years of experience to lead the UN Global Compact in its next phase to mobilize a global movement of sustainable companies and stakeholders and bring the full weight of the private sector to achieve the Sustainable Development Goals (SDGs).

国連グローバル・コンパクト新事務局長任命の発表(国連事務総長) 外部リンク

サンダ・オジャンボ氏紹介ビデオ 外部リンク