ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

【!GCNJ主催!】6/1 SDGs Indicator 実践セミナー実施報告

更新日:2016/06/17

6月1日(水)に上智大学中央図書館にて、上智大学と日本グローバル・コンパクト・アカデミック・ネットワーク(J-GCAN)の共催による『SDGs Indicator実践セミナー』を開催いたしました。GCNJ会員を中心に、140名を超える多くの方々のご参加をいただきました。

大崎様ご講演

セミナーでは、上智大学 早下 隆士学長のご挨拶を皮切りに、第一部の前半は、ニューヨーク国連本部統計部から大崎 敬子様をスピーカーに迎え、SDGs Indicatorsの最新状況を共有いただきました。国際開発戦略の歴史的変遷やSDGsの成り立ちの背景などの基礎的知識から、SDG指標を用いたモニタリングにおける大いなるチャレンジなどをご説明いただき、担当者だからこそ分かるご苦労を直接伺える内容でした。

蟹江先生ご講演

また後半は、日本におけるSDGs研究の第一人者であり、環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-11(持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究プロジェクト)プロジェクトリーダーを務めておられた慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 蟹江 憲史教授から、SDGs実現に向けて、求められることをテーマに、海外の事例を交えながらのご説明で、SDGsをツールとして捉え、企業で活用するためのヒントを授けていただく大変ポジティブなご講演でした。

パネルディスカッション

第二部では、パネルディスカッション形式で、元国連本部事務局広報官の上智大学総合グローバル学部 植木 安弘教授をモデレーターに、元国際労働機関(ILO)のアジア・太平洋地域総局長の上智大学特任教授 浦元 義照様、コニカミノルタ株式会社 環境経営・品質推進部環境経営グループリーダー 高橋 壮模様、花王株式会社 ロジスティクスセンター流通企画グループ部長 露木 藤範様、ミズノ株式会社 法務部 CSR課別府 忠司様、大和総研 主席研究員 河口 真理子様にパネリストとしてご参加いただきました。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンでは、SDGs の推進に向けて、今後も広報活動、セミナーを開催していく予定です。

当日の資料はこちらよりダウンロードいただけます