ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

GC署名・GCNJ加入について

GC署名企業・団体に求められること

署名企業・団体には以下のことが求められます。

【義務】 GC10原則の実践状況と成果をUNGC本部へ提出すること

  • 企業
    署名後1年以内にCOP(Communication on Progress)第1回目を提出し、以後1年に1回提出する。
  • 団体
    署名後2年以内にCOE(Communication on Engagement)第1回目を提出し、以後2年に1回提出する。

【奨励】 GC10原則と持続可能な開発目標(SDGs)の実現を目指した活動を進めること

【奨励】 UNGCに参加していることやGC原則を積極的にPRすること

【奨励】 UNGCに寄付をしていること(一部ロゴ使用は寄付前提)

COP/COEとは

GC署名企業・団体からステークホルダーに向けた定期活動報告(COPは毎年/COEは2年に1度)。GCOのWebで一般公開され、PRI(責任投資原則)が企業評価の際に使用されるなど、NGOを始めあらゆるステークホルダーへのアピールとなります。GC署名企業のお互いの情報源ともなります。

【COPの3要件(企業)】

  1. UNGCやその10原則、イニシアチブに対して自社の現行コミットメントを継続していくことに対する最高責任者による支持の表明
  2. 企業が実施した、または実施しようとする4分野に関するGC原則の実践的行為の記述
    ※ 実践的行為は指針/手段/活動などを指す。未活動分野がある場合は妥当な説明が求められる。
  3. 成果の測定。どの目標・パフォーマンスをどれくらい満たしているか、質量的な結果測定を実施。

【COEの3要件(団体その他)】

  1. UNGCやその10原則、イニシアチブに対して自社の現行コミットメントを継続していくことに対する署名団体代表者もしくは同等の方による支持の表明
  2. GC原則に関する実践的行為の記述(団体タイプ別に最低1項目)
  3. 成果の測定。どの目標・パフォーマンスをどれくらい満たしているか、質量的な結果測定を実施。

形式

内外のステークホルダーに幅広く公表し、また重複を避けるために、既存のコミュニケーションツール(CSR報告書/サステナビリティ報告書等)と兼ねる形での作成が推奨される。既存ツールがない場合は単独の文書を作成。GCOのWebにあるベーシックテンプレート(日本語)も利用可能。SME(従業員250名未満の企業)署名者についてはExpress COPテンプレートの利用も可能。

言語

自社にとってより多くのステークホルダーが使用する言語を用いる。GCOは全言語歓迎。