グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

国連グローバル・コンパクト

(仮訳)
環 境

原則7  企業は環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持し、

原則8  環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、

原則9  環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである。

環境原則の起源

国連環境計画(UNEP)外部リンク(日本語)は1973年の設立以来、環境に関する国際的な協調活動を主導してきました。UNEPはリーダーシップを発揮し、環境を守るためのパートナーシップを奨励しています。その一例として、生物種の消失とそれに対するグローバルレベル、地域レベルでの保全の必要性などの問題に取り組む「多国間環境協定(Multilateral Environmental Agreements; MEA)」が挙げられます。UNEPは、現在使われている多くの国際環境法のうち、その大半を策定してきました。国連グローバル・コンパクトの環境3原則は、1992年にリオデジャネイロで開催された「国連環境開発会議(地球サミット)」で定められた「環境と開発に関するリオ宣言(27KB)PDFリンク」(日本語)と「国際アクション・プラン(アジェンダ21)外部リンク」(英語)をその起源としています。アジェンダ21の第30章では企業や産業界の方針や事業運営が資源の利用と環境に対する影響の削減に大きな役割を果たしうることが明らかにされました。特に企業は、よりクリーンな生産過程や、責任ある企業家精神を持つことで貢献することができます。

国連グローバル・コンパクトの環境原則は、企業にとって主要な環境課題に取り組む出発点となるものです。原則は特に、人間の活動によってもたらされた深刻な環境悪化と地球の生命維持装置の損傷に積極的に取り組むことのできる研究、イノベーション、協力、教育、自主規制などの分野に活動を促しています。

主要な環境課題

参考情報

PICK UP