グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

会員数:企業・団体

ニュース 2021年

【国連グローバル・コンパクト】Monthly Bulletin 和訳版 6月号発行のお知らせ

更新日:

国連グローバル・コンパクトは会員を含む希望者に向け、毎月Monthly Bulletinを発信しています。GCNJでは、国際潮流を発信する活動の一環として、和訳版(PDF版)の発信を開始いたしました。内容は、ニュース、トピックス、国連グローバル・コンパクト全体の動き(会員数など)のほか、国連グローバル・コンパクトが主催するイニシアチブやキープロジェクトの進捗報告、イベントの予定などです。ぜひご一読ください。

UN Global Compact Monthly Bulletin 日本語版 6月号ダイジェスト

【国連グローバル・コンパクトからのお知らせ】

2021年リーダーズ・サミットに2万人超が参集

国連グローバル・コンパクトは、これまでで最大規模のリーダーズ・サミットを開催しました。180を超える国から2万人以上の出席者がオンライン上に集い、2030年までのSDGs達成と、2050年までのネットゼロ・エミッション達成を目指して26時間に及ぶプログラムに参加しました。このイベントでは、グローバル、地域、ローカルの各レベルのセッションに、企業や市民社会、政府、国連のリーダーが参加する形で進められ、SDGs推進のアイデアや成果、戦略、誓約を共有することにより、官民とのパートナーシップや協業といった価値を実証しています。

【新着情報】

2021年SDGパイオニアのご紹介

国連グローバル・コンパクトは、今年のSDGパイオニアを発表しました。10名の受賞者はいずれも、SDGs達成に向けた素晴らしい決意を表明し、健全で強靭、かつクリーンで持続可能な世界を作るために、個人が果たせる不可欠な役割を示しました。2021年のパイオニアに選ばれたのは、ブラジルのカリン・ブエノ、米国のソナイ・アイカン、アイルランドのアラン・カディヒー、タイのダリアン・マクベイン、ロシア連邦のアントン・ブトマノフ、インドのスマント・シンハ、スリランカのレオニー・バース、ガーナのロバート・オキネ、レバノンのミレイユ・シュラビエ、イタリアのジュリア・ジュフレの各氏です。

適切な生活賃金を求める活動

国連グローバル・コンパクトが新たに発表したデジタル報告書『サプライチェーンにおけるディーセント・ワーク推進のための賃金改善(Improving Wages to Advance Decent Work in Supply Chains)』は、企業に対し、ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)に欠かせない「生活賃金」を保証し、労働者やその家族、コミュニティが尊厳ある暮らしを送れるようにすることを求めています。報告書では、サプライチェーンにおける複雑な賃金問題を克服するため、企業向けに実践的な対策方法も提示しています。

G7株価指数、気候目標に届かず

Science Based Targets initiative(SBTi)が6月に発表した調査結果によると、G7の主要株価指数はいずれも、排出量削減目標達成のために緊急に必要とされる1.5℃目標どころか、2℃目標にも届かない状況です。実際、7つの株価指数のうち、4つは、3℃以上の危険な水準にあります。

腐敗防止で団結を

国連グローバル・コンパクトの「腐敗防止コレクティブ・インパクトプレイブック」は、グローバル企業が地域の腐敗の状況を明確に診断し、特定された腐敗の課題に対処することを目的に、他組織と連携して対処していくコレクティブ・アクション方法を紹介しています。

WATER RESILIENCE COALITION (水資源保全に取り組む団体)

Water.org代表のジェニファー・ショーシュは、Water Resilience CoalitionのProfiles in Leadershipシリーズに登場し、人道問題としての水、ユニバーサルアクセスの重要性、水と衛生設備のない生活をしている人々の視点などについて強調しました。

【世界のローカル・ネットワークより】

<バングラデシュ>サステナビリティの理念を普及

グローバル・コンパクト・ネットワーク・バングラデシュは、サプライチェーンや若者とイノベーション、持続可能な金融、雇用可能性を高める能力開発など、重要なサステナビリティ問題への企業の取り組みを促すため、ダッフォディル国際大学と連携し、一連の能力構築とディスカッションの研修会を立ち上げました。この研修シリーズの目的は、グローバル、ローカル双方の知識共有を通じ、実践的ソリューションを可能にする環境を整備することにあります。

<エルサルバドル> ワークショップを開催

国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・エルサルバドルは、企業やNGO、教育機関、労組、国連機関と連携して、持続可能な開発のための国連協力枠組み(United Nations Cooperation Framework for Sustainable Development)2022–2026に関するワークショップを実施しました。こうしたワークショップを通じて、組織の垣根を越えて、効率的かつ効果的に協力枠組みを推進していくことを目指しています。

Uniting Business LIVE 2021年9月20–22日

9月20日~22日、Uniting Business LIVEが開催されます。 Uniting Business LIVEは、国連総会ハイレベル週間の並行イベントとなっており、民間セクター・フォーラム、グローバル・インパクト・フォーラム、SDGビジネス・フォーラムの3部構成となっています。国連総会のテーマに沿って、SDGsに関するグローバル展開を加速させます。

詳しい内容はこちらからご覧いただけます 外部リンク