ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

社会課題への取り組み

UNGC10原則に関する会員企業の取り組み事例

住友林業:主要構造材に関する木の伐採から建築施工までに排出されるCO2をオフセットする植林事業を展開

地域社会と協働で、植林によるカーボン・オフセットを実施

住友林業では2009年4月から、Project EARTHの一環として、森林荒廃が進むインドネシアで植林を行い、「住友林業の家」の主要構造材の伐採から建築までに発生す
るCO2をオフセットしています。住友林業が国内で販売するすべての住宅の主要構造材を対象にすると、年間1万棟として約6万トンのCO2が発生します。2009年度からの5年間に販売するすべての注文住宅・分譲住宅のCO2をオフセットするため、5年間に延べ1,500ヘクタール、約150万本を植林し、その後10年間の管理・育林を行います。
インドネシアで木質建材などの製造を行う当社グループ会社を通じ、地域住民を雇用して植林を行なっています。伐採した木の収益を住民とプロジェクトで分配することで、地域経済の活性化とプロジェクトの継続、その結果として違法伐採などによる森林減少の抑制にも貢献しています。