ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
本文へジャンプする

持続可能な開発目標(SDGs)

食べものの”環“を作り持続可能な開発に貢献

株式会社日本フードエコロジーセンター

株式会社日本フードエコロジーセンター

http://www.japan-fec.co.jp/

株式会社日本フードエコロジーセンター(以下J.FEC)におけるサステナビリティの取り組みを、特にフードロスの観点から、同社代表取締役髙橋巧一様に伺った。

― 食料廃棄物を畜産飼料に転化するというユニークなビジネスを展開されています。なぜこの事業を始められたのですか?

食料廃棄物で畜産経営の問題解決をする経営を目指しています。日本では自治体で焼却されるごみの半分が食品で、しかも燃やすために多量の化石燃料を使用している。焼却費はトン当たり4~5万円もかかっています。一方、畜産経営はエサを輸入穀物に依存し、例えば養豚では6割がエサ代に消えます。ここにリキッド発酵飼料のテクノロジーを入れて、問題解決を図りたいと思いたったのが始まりです。

― どのように食品廃棄物を豚の飼料に変換するのですか?

現在この工場では1日39トンの廃棄物の受け入れ能力があり、365日毎日稼働しています。提携している運搬業者が、スーパーや百貨店などの契約先から日々食品廃棄物を搬入します。廃棄物と言っても売れ残りのパンやご飯、キャベツなど野菜の切り落とし部分で、残飯は含まれません。バーコードのついている廃棄物回収容器ごとに計量して、この情報から廃棄物の内容を把握します。こうして回収した廃棄物は、異物混入がないか確認してから破砕処理を行った後、殺菌消毒、乳酸発酵処理、というプロセスを踏むとリキッド(粥状)発酵飼料が出来上がり、これを専用タンクローリーにつめて豚舎へ出荷という流れになっています。発酵飼料の成分調整に独自の技術力が必要で、そこは私たちの企業秘密と言えます。

― 今は技術も進みスーパーやコンビニ経営も少ロットで発注管理を細かくしていると聞きますが、それでもそんなにたくさんの手つかずの食品廃棄物がでるものなのでしょうか?

例えばコンビニから発注を受ける弁当工場は、発注が確定してからご飯を炊いていては納品が間に合わなくなります。しかも欠品するとペナルティが発生するため、どうしても見切りで余分に作らざるを得ない状況にあります。残ってしまったご飯をごみとして処分する代わりに、J.FECでリキッド飼料に加工しているわけです。

株式会社日本フードエコロジーセンター

― 設立時は地場の沿線私鉄道会社の支援をうけていたそうですね。彼らはどのような意図かこの事業に参画したのでしょうか?

2020年までは東京・神奈川は人口増加が見込まれるため、それまでは沿線を伸長して売上を増加させるという基本戦略があります。それ以降は人口減少により輸送事業の売上減少が始まり、首都圏では沿線価値の向上により代替売上を獲得しようという目論見です。単にショッピングセンターやマンションを建てたりするのではなく、より暮らしやすい環境づくりのため、緑豊かな公園、商店街の活性化、低層のショッピングセンターの建設などが構想としてあり、その延長線上としてJ.FECを設立して彼らの食品会社の廃棄物リサイクルを支援することになったのです。沿線の小中学生の見学も受け入れ、私鉄への理解も促すという目的がありました。

― リキッド飼料事業に従事しているのは今のところこの工場だけですが、今後はこのビジネスモデルをどのように展開する予定ですか?

リキッド飼料の搬送はなるべく近場が望ましいので、各地域にこうした工場を作りその地域で完結することが必要です。今は、私たちの工場で神奈川県を中心に15か所ほどの農場に飼料を届けています。これまで愛知、宮城、長崎などで同様のニーズがあり、個別に支援を行って新しいリサイクル工場を立ち上げてきました。それにより相互の調整も可能になります。また、まだマーケットが成熟していないため、マーケットを作らないと事業が伸びていきません。各社が健全なリサイクルをした方が会社としても成長が見込めるのです。

私は全国食品リサイクル登録再生利用事業者事務連絡会の会長を務めていますが、加盟170施設の9割は赤字という状況にあります。堆肥化、飼料化、エネルギー化、あるいは1次産業への進出など、多角的な仕組みを構築することで黒字化の道が開け、収益性を向上できると見ています。こうした厳しい環境下で、リキッド飼料は業界を後押しする可能性を秘めていると言えます。

― このリキッド飼料は豚にとっても従来の飼料と違うものなのですか?

豚の病気の8割は肺炎で、その原因は細菌、ウィルスですが、粉飼料などの粉塵を吸い続けると肺炎にかかってしまいます。その点リキッド飼料はその心配がありません。先にも言いましたように、豚に合わせてリキッドの成分の調合をすることも可能です。

エサは豚の味にも影響します。同じエサを食べさせれば白豚・黒豚の種類に関係なく同じような味になります。リキッド飼料で育成した豚は、調査の結果では9割方おいしいと評判ですよ。

株式会社日本フードエコロジーセンター

― 御社のような取り組みは国民運動にはつながらないのでしょうか?

食品リサイクルがほとんど赤字なのは、競合相手が自治体であるためと言えます。自治体は税金を投入して、焼却のための処理費用を安くして、場合によっては無料にして廃棄物を受け入れています。自治体によってはそれを企業誘致のサービスと考えていることもあります。一般市民はこういう現状を全く知らず、よってフードロスも減っていかないため、私たちは事業を通じて事実を伝えていこうとしているのです。消費者の意見は大きく、スーパーなどの行動を変えていく力を持っていますからね。声を上げていくことが大切なんです。

― 複雑な事業環境下で、それでも熱意を持って取り組む理由は?

私は、小学5年生の時に環境問題に関心を持って以来、一貫してその延長で活動しています。大学に入り、フィールドアシスタントネットワークという環境に取り組むサークルを立ち上げたり、WWF、自然保護協会、野鳥の会などでボランティア活動を行いました。NGO・NPOでの経験は勉強にはなりましたが、対政府、対大企業となると日本ではまだ弱いことも実感したのです。そこで、経済の仕組みに環境の観点から取り組まないと世の中は変わらないと考え始め、まずは経営コンサルタント会社に就職して社員教育、組織作りを勉強しました。

その後ベンチャー企業の立ち上げなどにもかかわっているうちに、獣医師免許をいかしてビジネスの側から環境問題に携わることを考えるようになりました。そして20年ほど前に食品廃棄物の飼料化に取り組み始めたところ、ちょうど農林水産省が未利用資源の飼料化の検討を開始しました。そこでは安全性の確保とコストが重要だと言われ、議論が乾燥飼料の方向性に傾きつつありました。私はリキッドフィーディングのことを伝え、補助金をもらって仕組みの構築に携わり、徐々にビジネスパートナーも見つけてきたという経緯があります。実業としてやっていくには数々の法規制を変えていく必要がありました。例えば、弊社は飼料販売も産業廃棄物処理も行っていることから、産業分類に該当する業種がありませんし、相模原市で工場を作るときには許可の出し方が分からないと言われました。自治体などと協働しながら自ら審議会用の資料も作成し、法律改正を働きかけてきたというわけです。

― 国連で採択されたSDGsはどのようにご覧になっていますか?

1989年にフィールドアシスタントネットワークを創設し、1992年の地球サミットに後輩の学生たちに参加してもらいました。その時初めて「持続可能な開発」という、それまで私たちがずっと求めていた言葉が国際社会で受け入れられたのです。

今までは食品ロスが話題の中心でしたが、最近は学生たちが工場見学に来ると、SDGsの冊子を配ったり、関連の映像を見せたりしています。企業の研修でもSDGsの講演を頼まれるようになりました。

これまでの大量生産・大量消費の時代から、地球と共存して100年先も安心して暮らしていける仕組みが必要だと痛感しています。食品も、飢餓、貧困など色々な課題とつながっていますので事業を通して持続可能な社会を作っていきたいと思います。

― 最後に、今後の展望について教えてください。

私たちの工場を視察に来て、J.FECのやり方をそのまま導入すればうまくいくと勘違いする人も多いのですが、根本を理解しないと失敗に終わります。マーケットや経済など、地域ごとに適切な取組みが必要ですし、法律・許認可に関する知識も必要です。私たちはこれまでの経験や知見を活かしてアドバイスすることに加え、最近は若手人材を育成したり、管理できる人材を増やしていくことが重要だと感じています。

(取材・文=GCNJ上野明子・IGES小野田真二 取材日:2017/11/20)

取材こぼれ話
10歳の時に獣医になって環境を守ると決意した髙橋さん。爾来、自然と人の共存共栄の仕組みを作るために幾星霜、やりたいことはまだまだ100以上あるそうです。その初心貫徹ぶりに脱帽しました。