ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンについて

UNGC10原則に関する会員企業の取り組み事例

コマツ:安全な村づくりプロジェクト

わたしたちはCSR重点分野の一つとして「社会とともに発展する」を掲げています。その中で2008年から認定特定非営利活動法人「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」と提携し、カンボジアとアンゴラにおいて対人地雷の被害で苦しむ地雷除去活動ならびに復興までのコミュニティ開発事業のプロジェクトを行っています。
建設機械メーカーならではの専門技術やモノ作りに関する知恵を活用して開発した対人地雷除去機や建設機械を提供しています。そして、地雷除去後の安全な土地で、建設機械を活用して農地開発をはじめ、ため池建設、小学校建設、道路や橋の補修・建設などコミュニティの再生・復興事業までを行い、地域の自立と発展のための生活基盤づくりを支援しています。
人々が安全な土地で安心して暮らしていけるために、コマツの安全な村づくりプロジェクトはこれからも継続してまいります。