ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

★ニューズレター2019年7月号★

更新日:2019/07/01

★GCNJからのお知らせ★

○GCNJ会員数最新情報(2019年6月7日時点)

GCNJ会員数 319企業および団体

○【お知らせ】GCNJ主催 SDGsビジネスセミナー in 名古屋(2019年8月2日)開催します。

SDGsのすべてのゴールは、環境の課題に結びついています。日本企業は早くから、自然資本に対する生産効率を国際的にリードしてきました。環境課題は、気候変動、廃棄物、原材料調達の多岐に亘り、産業界では、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)、海洋プラスチック対応など、取組みが加速しています。名古屋での開催は、今回2回目。会員・非会員問わずセミナー参加募集を開始しました。
プログラム、申込みご案内を、GCNJ/Webサイトに掲載しました。
http://www.ungcjn.org/activities/topics/detail.php?id=307

○【お知らせ】GCNJ/WebサイトにTwitter開設

GCNJでは、公式ホームページのほか、SNS(Twitter、Facebook)も運営しております。GCNJのイベント・セミナーの様子やUNGCの最新情報など、皆さまに有益な情報をたくさんお届けしていますので、ぜひフォローお願いいたします。
Facebook (@ungcnj)
https://www.facebook.com/ungcnj/
Twitter (@GlobalCompactJP)
https://twitter.com/GlobalCompactJP

○【ご報告】GCNJ年次総会・ラーニングフォーラム開催(6月4日)

■6月4日(火)13:30-15:00年次総会を執り行いました。第1号議案[2018年度事業報告・決算報告]第2号議案[2019年度事業計画案・予算案]第3号議案[理事・監事改選]第4号議案[定款変更]の決議を経て。全ての議案が承認されました。また、藤井史朗様 (MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス 副社長)には、新たに理事にご就任をいただきました。
■GCNJ 2019年度ラーニングフォーラムを開催し、「人権と多様性」をテーマに、180人を超える参加者を迎え、活気に満ちた議論が行われました。
本フォーラムは、GCNJ氏家事務次長の挨拶に引き続き、国連広報センター根本かおる所長による「誰一人取り残さない!多様性の視点から日本社会への期待」と題した基調講演で幕を開けました。「格差の拡大は貧困や不安定、そして紛争にも繋がる」と世界的な格差の課題に警鐘を鳴らした根本所長。一方で「多様性は力の源泉。未来の子供たちからの借り物である地球を守るために、日本の企業にもぜひ人権に基づくグローバルな契約であるSDGsに積極的に取り組んでもらいたい」と大きな期待も寄せました。
続いて、ビジネスとサステイナビリティはじめ多分野の教鞭をとられている同志社大学大学院飯塚まり教授が「格差と多様性」について基調講演し、「SDGsのど真ん中にある」格差問題の要因と格差の拡大の結果を分析を解説。グローバル社会の問題解決に貢献するには、「多様性を持った組織や、各人が多様性を許容する意識へ変革することが必要」とメッセージを伝えました。さらに「クイーン」のリード・ボーカルであるフレディ・マーキュリーの事例を引用し、格差のない持続可能な社会を実現するためにみんなが「チャンピオン」となる社会を作っていくよう呼びかけました。
第二部では、GCNJ河口真理子理事をモデレーターに迎え、GCNJ人権教育分科会、人権デューディリジェンス分科会、WEPs分科会の参加企業3社、そしてASSC下田屋毅代表理事の計4名のパネリストと共に、「多様性と人権:社会課題への取組が生む企業価値」と題したパネルディスカッションが行われました。4名のパネリストはこれまでの取り組み事例や取り組みの背景、今後の課題について紹介、活発な議論を交わす。それに対し、モデレーターの河口理事は「多様性を受け入れる企業風土づくりが大事である」とコメントし、最後に「多様な人材の活躍推進は経営の最重要課題の1つとして捉えないといけない」と強調しました。
閉会の挨拶ではGCNJ野村彰男業務執行理事が登壇。ご参加の方々へ感謝を述べた後、多様性と包摂性 のある持続可能な社会、そして企業の生産性向上と新たな価値創造を実現するために、「多様な働き方、多様な人材活用に積極的に取り組んでいってもらいたい」と企業への期待を寄せ、「GCNJもこれまでの成果や精神を引き継いで、さらに発展していきたい」と力強く締めくくりました。

○【予告】第11回日中韓ラウンドテーブル(8月20~22日)

日中韓の3つのローカルネットワーク間の連携強化、ベストプラクティスの共有を目的に、2009年より毎年「日中韓ラウンドテーブル」を開催しています。第11回となる今回は、「ビジネスにとってのSDGs-トライして先駆者になろう」をテーマに中国山東省済南市で開催いたします。本プログラムでは日本からのご参加はもちろん、現地法人の方のご参加も広く募集しております。詳しくは事務局からのお知らせ「第11回日中韓ラウンドテーブル開催のご案内」をご確認いただき、参加をご希望の方は、GCNJ事務局担当の吉岡(t.yoshioka@ungcjn.org)または横井(s.yokoi@ungcjn.org)までお問合せください。
■日時:8 月 21日(水)
■主催:Global Compact Network China
■会場:中国山東省済南市
■事務局からのお知らせURL:
https://www.ungcjn.org/gcjn_members/information/info_data_detail.php?aid=20190624130212932

○【お知らせ】ビジネスと人権フォーラム

2012年から開かれてきた「国連ビジネスと人権フォーラム」は、今年も11月25日(月)~27日(水)の3日間、スイス・ジュネーブにて開催されます。第八回となる今回のフォーラムテーマは、「今こそ行動のとき:ビジネスと人権推進の触媒としての政府("Time to act: Governments as catalysts for business respect for human rights")」です。なお、会場の収容人数などの理由で、今年から参加人数に制限を設けることが発表されており、参加希望者は9月頃開始予定のオンライン申請により許可を受けて参加する形になります。
上記の通り、参加の条件が変更になったことを受け、今回、GCNJでは宿泊の手配などを含むツアーは残念ながら実施できませんが、若林理事以下、メンバーがフォーラムに参加して、個別に参加される会員企業/団体の皆様と現地での夕食会、振り返り会などの情報共有や交流を行う予定です。また、事前に国内で「国連ビジネスと人権フォーラムに向けた事前ワークショップ」を開催して参加予定の方へのサポートも計画しています。
事前のワークショップおよび現地でのイベント等につきまして、詳細が決まり次第お知らせいたします。

国連ビジネスと人権フォーラムのWebサイト
https://www.ohchr.org/EN/Issues/Business/Forum/Pages/2019ForumBHR.aspx

○【ご連絡】GCNJ事務局夏季休業(8月10日~8月18日)

GCNJ事務局は8月10日(土)~8月18日(日)の間を夏季休業とさせていただきます。

★国連GCの最近の動き★

○世界の会員数最新情報(2019年6月24日時点)

・Business sector 10,114 ・Non-Business sector 3,470