ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

★ニューズレター2018年12月号★

更新日:2019/01/07

新年あけましておめでとうございます。
本年も、GC10原則、そしてSDGs推進に向けて皆さまと様々な活動に取り組んでまいりたく、どうか宜しくお願いいたします。GCNJでは2019年も年明けから様々な企画が目白押しです。本号でも年始からに予定されている様々なイベントやGCNJの最新情報をご紹介しています。

★GCNJからのお知らせ★

○GCNJ会員数最新情報(2018年12月6日時点)

GCNJ会員数 298企業および団体(アソシエイト4企業)

○【ご報告】「国連ビジネスと人権フォーラム2018」参加ツアー実施

スイス・ジュネーブで開催された「国連ビジネスと人権フォーラム 2018」への参加ツアーを実施しました。今年は11月25日~12月1日の日程で、15名(GCNJ 事務局関係者含む)が参加しました。
今年のフォーラムのテーマは「人権デューデリジェンス」。3 日間のフォーラムでは 70を超えるセッションが行われ、政府、企業、国連機関などから約2,000人が参加しました。
ツアー期間中は、在ジュネーブ日本政府代表部との昼食会や国連欧州事務局長との面談など、日本企業が直面する課題や政府への期待などについて意見交換を行いました。またフォーラ期間中には、人権分野で活躍されている有識者の方々にもご参加いただき、振り返りを実施しました。短い時間ではありましたが、現地で得た情報の活用方法や世界の動きについて、さらに知識を深める機会となりました。
本フォーラムは来年も 開催する予定です。さらに多くの皆さまが日本から参加されることを期待し、ツアーもバージョンアップできるよう、取り組みを進めてまいります。

○【ご報告】エコプロ2018SDGs時代の環境と社会、そして未来へ出展

12月6~8日に東京ビックサイトで開催されたエコプロ2018には、GCNJの分科会推進委員会、組織拡大委員会、SDGsタスクフォースのご尽力で、GCNJの活動意義、プレゼンスを多くの来場者に知っていただく絶好の機会となりました。主な活動をご紹介いたしますと
1) みんなで取組むSDGs ~分科会活動を通して~12月6日(木) 15:50~16:30(東3ホール)イベントステージでは、定員100名に対し、参加約130名の盛況となりました。
【モデレーター】分科会推進委員長 沖電気/リスクコンプライアンス統括部長・柴田 和佳子様
【パネリスト】 <サプライチェーン分科会>・双日/原 大輔様、りそな銀行・コーポレートビジネス部 中垣
裕志様、<SDGs分科会> リコー/サステナビリティ推進本部 藤野 年喜様 花王/ESG部門 奥田
真知子様のご登壇とGCNJのバリューの発信御礼を申し上げます。
2) SDGsをどう伝えるか 12月6日(木) 13:00~14:30(東3ホール)イベントステージでは、定員300名に対し、参加約450名で、立ち席にも聴講の方々が溢れました。
【基調講演】 後藤業務執行理事 ~CSR経営とSDGs~
─ パネルディスカッション ─ 「SDGsをどう伝えるか?」
【モデレーター】大和総研主席研究員/GCNJ理事 河口 真理子様
【パネリスト】 フジテレビジョン/放送文化推進局長(CSR担当) 小田 多恵子様、朝日新聞社/マーケティング本部長 石田 一郎様、博報堂DYホールディングスグループ/広報・IR室 CSRグループ推進担当部長 川廷 昌弘様には、大好評のパネルをご提供いただき、ありがとうございました。
3) 基調講演 SDGsの主流化 有馬代表理事 12月7日(金) 11:15~11:45(国際会議場)では、定員約1000名が満席となり、きました、組織拡大委員会の皆様には、この場をお借りして感謝申し上げます。3日間の名刺交換数は、349を数えました、また展示パネル、チラシを制作いただきました電通さまに重ねてお礼申し上げます。その後、入会検討説明会に参加したい、協業を検討したい、などの具体的なお問い合わせもいただいていますので、今後の展開に繋げていきたいと考えます。

○【予告】GCNJ15周年記念年次シンポジウム開催(2019年2月28日)

■日時:2019年2月28日(木)13:00-16:00
■会場:有楽町朝日ホール
詳細は、1月初旬に発信いたします。
【予告】GCNJ分科会フォーラム開催(2019年2月28日(木))
■日時:2019年2月28日(木)10:00-12:00
■会場:有楽町朝日ホール
詳細は、1月初旬に発信いたします。

★国連GCの最近の動き★

○世界の会員数最新情報(2018年12月21日時点)

・Business sector 9,967
・Non-Business sector 3,406