ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

★ニューズレター2016年11月号★

更新日:2016/11/30

★GCNJからのお知らせ★

GCNJ会員数最新情報(2016年11月30日時点)

GCNJ会員数 236企業および団体(休会除く)
アソシエイト会員9企業

【参加受付中】≪GCNJ、J-GCAN後援≫ICU・日本の国連加盟60周年記念公開セミナー「持続可能な開発目標達成に向けたアクション対話」(12月17日@国際基督教大学)

GCNJメンバーの国際基督教大学(ICU)にてSDGsをテーマとした公開セミナーが開催されます。
■日時:2016年12月17日(土)14:00~17:30
■会場:国際基督教大学東ヶ崎潔記念ダイアログハウス国際会議室
■プログラム(敬称略):
・開会挨拶 野村彰男(GCNJ理事)
・対談「責任ある地球市民を育む」
有馬利男(GCNJ代表理事)、日比谷潤子氏(ICU学長)
・報告「リベラルアーツから見たSDGs」
西村幹子氏(教育研究所)、Mark Langager氏(教育研究所)、高松香奈氏(ジェンダー研究センター)、毛利勝彦氏(社会科学研究所)
・アクション対話「世界を変革する」
野村彰男(GCNJ理事)、頓所明彦氏・信川理恵氏(丸紅株式会社)、d'Arcy Lunn氏(Teaspoons of Change)、川口美琴氏(GCNJ日中韓ラウンドテーブル ユース参加学生)
司会・大森佐和氏(社会科学研究所)
・閉会挨拶 毛利勝彦氏(社会科学研究所)
■定員:100名
■参加費:無料
■主催:ICU社会科学研究所
■後援:GCNJ、J-GCAN
※このイベントは外務省「日本の国連加盟60周年記念事業」の認定を受けています。

【ご報告】「子どもに影響のある広告およびマーケティングに関するガイドライン」完成

2012年に策定された「子どもの権利とビジネス原則」の原則6「子どもの権利を尊重し、推進するようなマーケティングや広告活動を行う」に基づき、企業の広告とマーケティングにおける子どもの権利の保護、および子どもの健やかな成長への貢献を産業横断的に推進することを目的として「子どもに影響のある広告およびマーケティングに関するガイドライン」を策定いたしました。完成を記念して、12月1日にシンポジウムを開催いたします。

【ご報告】GCNJ「国連ビジネスと人権フォーラム2016」参加ツアー実施

GCNJで今年初めて企画をしたスイス・ジュネーブで開催された「国連ビジネスと人権フォーラム2016」への参加ツアー(11月13~18日)には12名(GCNJ事務局関係者含む)が参加しました。ツアー実施前から参加者はフォーラム参加者対象のワークショップを実施したり、情報交換をする中で人権に関する世界の潮流についての学び、参加者間の交流を深めました。また、現地でのネットワーキングにおいても、様々な関係者との連携のもと各種の企画が行われました。11月14~16日の3日間のフォーラムでは64のセッションと3つのプレナリーが行われ、昨年を超える2500名の来場者がありました。セッションの1つ、イタリア・ドイツ・メキシコ・日本のGCローカルネットワークの合同セッションでは各国のGC署名企業がそれぞれの人権に関する取り組み事例を発表し、日本からは住友理工の鈴木氏が自社のサプライチェーンに関する取り組みを発表しました。満席、立ち見が出るほどに盛況なセッションとなり、多数の質問の手も挙がりました。また、ツアー期間中は、各国のGC、人権・労働機関の関係者との交流だけでなく、日本企業が直面する課題や政府への期待などについて、在ジュネーブ日本政府代表部と意見交換をする機会などもありました。フォーラム・ツアーの全体像やハイライト、参加者の感想については12月2日に開催予定の報告会の中でご報告をさせていただく予定です。本フォーラムは来年も11月に開催されることが決まっており、来年のツアー実施については皆様のご意見や要望を踏まえ、検討をする予定ですが、来年はさらに多くの日本からの参加者が増えることを期待し取組みを推進していきます。

★国連GCの最近の動き★

世界の会員数最新情報(2016年10月31日時点)

・Business sector 9,175(新規164社)
・Non-Business sector 2,893(新規68団体)

COP 22/CMP 12ハイレベル会合開催(2016年11月14日@マラケシュ)

国連GC、UNEPならびにUNFCCCはモロッコCOP 22 プレジデンシ―と協力し気候変動に関するハイレベル会合を開催しました。

WEPsギャップ分析ツール

国連GC、Inter-American開発銀行ならびにUN Womenが協働で作成中のWEPsギャップ分析ツールのオンライン版の準備が進みつつあり、2017年3月に導入予定。詳細は分かり次第ご連絡します。

著者:(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 事務局
編集:(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン 事務局
【お問合せ先】
(社)グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
TEL:03-5412-7235 FAX:03-5412-5931 Email:gcjnoffice@ungcjn.net
©2016 Global Compact Network Japan all rights reserved.