ページの先頭
サイト内共通メニューへジャンプする
ローカルメニューへジャンプする
本文へジャンプする

新着情報

★ニューズレター2014年4月号★

更新日:2014/04/25

★GC-JNからのお知らせ★

日中韓ラウンドテーブル進捗状況

2月よりご案内しております「第6回日中韓RT」のご協賛・ご協力について、第一次募集受付を3月末に締切らせていただきました。現時点で15社のご協賛、5社のご協力のお申込をいただき、事務局一同心より感謝すると同時に、皆様のご期待に沿えるような充実したプログラムになるべく、気を引き締め直しております。
つきましては、4/15付で企画案リリースとご登壇者の応募受付を開始し、会員窓口の皆様にもご連絡させていただきましたので、こちらも是非前向きにご検討をお願いいたします。5月にはご協賛ご協力お申込の第二次募集受付、7/1からは傍聴でのご参加受付も開始しますので、こちらも奮ってご参加ください。
[第6回日中韓ラウンドテーブル]
【日程】8/28(木)-29(金)
【場所】品川プリンスホテル他
【プログラム】
テーマ:「エンゲージメント~Post-2015に向けた東アジアからの発信~」
1.アカデミアからの発信:テーマ「Post-2015を取り巻く世界の潮流」
2.ビジネスセッションPart1:テーマ「気候変動におけるビジネスの取組み」
3.ビジネスセッションPart2:「持続可能な開発における包括的成長に向けたステークホルダーエンゲージメント」
4.ユースプログラム

【分科会関連】2014度分科会参加申し込み受付中(受付締切:4月30日)

現在、2014年度の分科会への参加お申し込みを受け付けております。分科会活動は、GC-JN会員企業・団体が主体となって、テーマ別に他社の実践や有識者から学び、CSRの考え方や取り組みについて議論・情報交換などを行うGC-JNの特徴的な活動のひとつです。(分科会活動の様子は、一般サイトやGC-JNの公式Facebookでもご紹介しています。)2013年度は、新たに発足した腐敗防止分科会、ヒューマンライツデューデリジェンス分科会など、10の分科会が活発的な活動を行いました。2014年度は、2013年度に活動した10分科会に加え、分科会推進委員長およびGC-JN事務局より新たに4分科会の設立をご提案します。参加お申込みの受付締切は4月30日(水)です。会員の皆様の積極的なご参加申し込みをお待ちしております。
2014年度分科会参加申し込みについての詳細は会員サイトをご確認ください。

【ご案内】GC-JN年次総会とラーニングフォーラム(6月4日)について

以下の要領で2013年GC-JN年次総会とラーニングフォーラムを開催します。ご出席のお申込みは5/16以降にご案内いたします。
【日程】2014年6月4日(水)
【場所】東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)
【アジェンダ】
13:00-13:30 受付開始
13:30-14:45 総会
14:45-15:00 休憩、LFからの参加者受付
15:00-17:30 ラーニングフォーラム
18:00-20:00 交流会@アンカフェ(会場からすぐ近く)

3/20の分科会推進委員会では、ラーニングフォーラムでの分科会発表と冊子用資料の作成のお願いについてご連絡しました。各分科会内で共有いただき、6月のラーニングフォーラムに向けてご準備ください。10分科会の皆さまと3専門委員会の皆さまには冊子用の資料の準備を依頼させていただきました。また、ご登壇予定の分科会は投影用資料もあわせてご準備ください。当日の会場設営などのサポートにつきましては4/22の分科会推進委員会にて依頼させていただきました。皆さまの積極的なご協力に心より御礼申し上げます。

GC-JN会員数最新情報(2014年4月25日時点)

GC-JN会員数 186団体および企業
*4月新規会員:ナブテスコ、ヤマトホールディングス、アデランス、セガサミーホールディングス
アソシエイト会員 4企業
*4月新規アソシエイト会員:ポーラ・オルビスホールディングス、リクルートホールディングス、川崎重工業

【報告】GC-JN主催「CSRセミナー 基礎から欧州最新トレンドまで」(4月11日)

当日の会場の様子

4/11(金)、ロンドンを拠点とするCSRコンサルタント会社「Sustainavision Ltd.(サステイナビジョン)」の代表である下田屋毅氏を講師にお迎えし、キッコーマンさんに会場をお借りしてCSRセミナーを開催しました。当日は合計57名の参加者で会場はほぼ満席となり、異動してきたばかりといったCSR初心者の方から熟練者まで、様々な方にご来場いただきました。第一部は改めて学ぶ「CSRの基礎」、第二部は「欧州のCSR最新事情」と題して講演していただき、特に下田屋さんならではの第二部が非常に好評に終わりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

★UNGCの最近の動き★

世界の会員数最新情報(2014年3月31日時点)

・Business sector 8037 (新規94社)
・Non-Business sector 4209 (新規31団体)

【ご参考】

(1)A Practical Guide to Supply Chain Traceability
3月のニューズレターでもご紹介しましたが、UNGCとBSRはサプライチェーンにおけるトレーサビリティに関するガイドラインを制作し、このたび公開されました。こちらのガイドの中には、トレーサビリティに関する利点・課題やベストプラクティス、トレーサビリティにおける効果的なエンゲージメントについて書かれています。企業のサプライチェーンや調達に係る初心者から上級者まで幅広い方を対象としています。GC-JN会員内でもサプライチェーンに対する関心度は年々増していますね。ご参考情報としてご活用ください。

(2)【報告】WEPs関連イベント報告
第6回WEPs(Women’s Empowerment Principles)年次総会が3月に開催されました。250名のビジネス界や政府、NGOなどのリーダーが集まり、女性の活躍機会向上に関する行動について話し合われました。職場におけるジェンダー平等を実現するための課題のみならず、実現に向けた施策やモデル、教訓などにフォーカスをおいた議論がなされました。

【お問い合わせ先】

著者:(社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク 事務局
編集:(社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク 事務局、広報委員会

(社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク
TEL:03-5412-7235 FAX:03-5412-5931
Email: gcjnoffice@ungcjn.net
©2014 Global Compact Japan Network all rights reserved.